〜分かりやすい「動画で商品説明」〜

(見れない方はこちらから
YouTubeに掲載中

画像をクリック



特許に認められた『米とぎ技術』
で、ヌカがしっかり取れて、とて
も美味しいご飯が出来ます。
使用方法はとても簡単です。ここで手順を説明して
いますので、手順どおりにご使用ください。

     【上手に使用するためのコツ】

基本は、
・袋を上げるときは「速く」
・袋を下げるときは「ゆっくり」

行うことに注意してください。

「袋を振る回数」を表示していますが、これは目安
です。どの程度のヌカのつき具合がよいか、振る回
数により調節すれば、いつもお好みの味でご飯が食
べれます。お好みに合わせてご使用ください。



冬など水が冷たい季節、手が荒れ
性であったり、つけ爪やネイルア
ートをしていても、安心して米と
ぎが出来ます。



特別な技術は要らず、上下に振る
だけで美味しく研げる仕組みです
ので、どなたにでも簡単に扱えま
す。





























◆袋の持ち方◆

@米とぎ袋に米を入れる。
・米とぎ袋で一度に研ぐこ
とが出来る米の量は、1〜
5合です。

A米を入れたら左の写真の
ように袋の上部を片手で握
り、袋を持ちます。


◆洗米◆

@容器に水を入れる。
・水の量は、米全体が水に
つかる程度にします。

A米とぎ袋を静かに下ろし、
上下に振ります。
・袋を振る回数は、6〜7
回程度が目安です。
・袋を下ろせば自然と吸盤
が容器に吸着します。

B排水する。


◆米とぎ◆

@容器に水を入れる。
・水の量は、吸盤部がつか
る程度にします。

A米とぎ袋を静かに下ろし、
上下に振ります。
・袋を振る回数は、10〜
15回程度が目安です。
・米を跳ね上げるように袋
を振ると効果的です。

B排水する。


◆洗米◆

@容器に水を入れる。
・水の量は、Aの時よりも
多めに入れます。

A米とぎ袋を静かに下ろし、
上下に振ります。
・袋を振る回数は、6〜7
回程度が目安です。


◆排水◆

@最後の排水をする。
・排水する時、容器を傾け
れば自然と吸盤は容器から
外れます。

・排水は、手で米とぎをす
るときと同じように、洗米
と米とぎの後に行ってくだ
さい。


◆お米を移す◆

@袋からお釜へ米を移す。
・米を移す際には、袋をひ
っくり返さなくても米粒は
残りません。


お米をお釜に移し終えたら、
米とぎは完了です。

使用後は布巾掛け等に掛け
ておいてください。
・雑菌等のつきにくい材質
を使用しておりますが、風
通しのよい場所に保管して
ください。


握り持ち部(袋の上の方)を持っ
て「上下に振る」だけで簡単に研
げる仕組みだから、どなたでも使
えます。米とぎ袋を使うのに特別
な技術は要りません。誰にでも扱
え、しっかりした米とぎを素早く
行うことが出来ます。何も気にせ
ず「使用方法」に沿ってお使い下
さい。きっとご満足していただけ
る米とぎに「よりおいしいご飯」
が炊けていることでしょう。

【コツ】
タンバリンをタテに振るように早
くリズミカルに袋の中で米がハネ
踊るようにシャンシャンと振る様、
手首のスナップ動作。
良くとげるか否かの大事なところ
です。
※ご使用ごとにコツがつかめます。
袋を下げた時、「突起物」が米の
流れを作り、米が均一に下方向へ
と流れます。この「突起物」がな
ければ米の流れが悪くなり、均一
な米とぎができません。
米とぎに費やす時間が短くなるの
は、この「突起物」が大きな役割
を果たしています。
上下運動ですので、下げた後は上
げます。このとき「吸盤」が大き
な役割を果たします。
「吸盤」がなければ、上げた時に
袋ごと浮き上がり、米と袋の摩擦
がおきないため、米とぎ効果は出
ません。
しかしこの「米とぎ袋」は、「上
質な吸盤」をつけ、浮き上がらな
いようにしていますので、しっか
り米を研ぐことができます。
また、吸盤で固定されるため、沈
んだ米を跳ね上げ、繰り返しの上
下運動で効果的に米が研げるよう
に作っています。
※米の重量も考慮し製品化してい
ます。1合〜5合まではしっかり
と米を研ぐことが出来ます。
研ぎ終わった後、とぎ汁の排水を
する時にも「水に手をつける」こ
とはありません。
とぎ汁を排水しようとして、器を
斜めにすると、自然と吸盤は器か
ら外れます。

米を器に戻すときも、米は一粒残
らずサッと器に移せます。ベタベ
タと袋にくっついたままにはなり
ません。

こうした仕組みによって、余計な
とぎ汁を米が給水しなくて済み、
しっかり&均一に米が研ぎ上がり
ます。また、水の分量も正確に調
整出来ますし、袋のお手入れもラ
クラクです。


よくある質問特定商取引表示個人情報保護方針ご購入について取り扱い店